2006年11月09日

三洋電機 ミニゴリラ

三洋電機のポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」に手のひらサイズのコンパクトタイプ「ミニゴリラ」が追加され、11月20日から発売されます。

ミニゴリラ NV-SD10DT

ミニゴリラの本体は、小型で軽量、薄型とコンパクト(幅141mm×高さ83mm ×奥行き25mm、重量290g)で持ち運びも簡単です。画面は4.5インチV型ワイドとメモリーナビゲーションとしては大型画面が採用されています。

ミニゴリラは地図などのデータを内蔵の大容量1GBフラッシュメモリーに蓄えます。HDDやDVDタイプのような駆動メカが不要になり、小型・軽量化「手のひらサイズ」が実現しました。

ミニゴリラ NV-SD10DT

ミニゴリラは欧州などで普及する「PND」と呼ばれる分野の商品で、日本のカーナビ大手が発売するのは初めてです。カーナビの市販市場は近年頭打ちの傾向にあるだけに、PNDが市場活性化につながるかに注目が集まるところです。

大容量1GBフラッシュメモリーを採用したミニゴリラは、豊富なデータ量で「ジャンクション・ランプガイド」や「交差点拡大」などの画面で案内してくれますので地図が見やすくなっています。

住所検索は約150万件、ジャンル検索は約200万件が収録され、周辺施設検索や電話番号検索、50音施設検索などもでき目的地がしっかり探せます。

地図データが内蔵メモリーなので素早く検索することができ、内蔵スピーカーで音声ガイドもしてくれるので安心してドライブを楽しむことができます。

GPS内蔵で他のクルマへの乗せ替えが簡単に行えるほか、ワンセグチューナーを内蔵し、デジタル放送ならではの美しい映像をいつでもどこでも楽しむことができます。
またACアダプターのほかに電池も使用できるため、場所によって電源を使い分けることもできます。

このほかの機能としては、アイドリング時間や急加速などを検知した際にドライバーにエコ運転を呼びかける「エコドライブ情報II」、盗難などに備え暗証番号を入れないと使用できない「セキュリティコード」も備えています。

価格は、携帯機器向けの地上デジタル放送ワンセグチューナーを内蔵した「NV-SD10DT 」が¥91,350、ワンセグチューナーを省いた「NV-M10 」が¥78,750です。

ニュースリリース

posted at 20:27 | TrackBack(0) | カーナビ
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。