2006年10月03日

パイオニア カロッツェリア
地上デジタル放送対応カーナビゲーション

パイオニア カロッツェリアから、地上デジタルTVチューナーを標準装備した新型カーナビゲーションが、まもなく発売されます。

AVIC-VH009G

ドライバーの好みや行動パターンを記憶・学習するエージェント機能による先進のカーライフを実現する「サイバーナビ」と、直感的な分かりやすさ、使いやすさを追求した「HDD楽ナビ」に、受信エリア拡大で普及の進む地上デジタル放送対応TVチューナーを標準装備した新商品がラインアップされました。

新商品の内訳は、サイバーナビ地デジモデル(11月中旬発売)が、「AVIC-VH009MDG 」、 「AVIC-VH009G 」、 「AVIC-ZH009G 」の3機種で、HDD楽ナビ地デジモデル(10月下旬発売)が、「AVIC-HRZ99G 」、「AVIC- HRZ88G 」の2機種です。

AVIC-HRZ88G

地上デジタルTVチューナー搭載による主な特長は、移動体で安定受信が可能な「ワンセグ」放送の受信にも対応していることです。
受信状況に応じて通常放送と「ワンセグ」放送のスムーズな切換えを自動的に行います。

走行中や弱電界エリアで生じやすいブロックノイズや音切れなどデジタル放送特有のエラーを独自補正技術「デジタル リバイズ エンジン」によって補正し、映像・音声受信の高い安定性を確保しています。

モニター画面に直接触れて操作する「タッチパネルコントロール」に対応しているので扱いが簡単です。たとえば電子番組ガイドでは、番組名に触れるだけで詳しい放送内容を確認できます。
また音声認識では、放送局名を発話するだけでチャンネル切り替えが可能です。

カーナビの自車位置と連動し、そのエリアで受信可能なTV局が自動プリセットできる「ナビマップリンクTV局エリアプリセット」機能が搭載されていますので、データ放送受信時にも自車位置に密着した情報(天気予報やニュースなど)を受信可能です。

MPEG-2 AACデコーダーの内蔵によって、5.1chサラウンド放送に対応しています。

価格は、、サイバーナビ地デジモデル「AVIC-VH009MDG 」が¥451,500、 「AVIC-VH009G 」が¥430,500、 「AVIC-ZH009G 」が¥388,500で、 HDD楽ナビ地デジモデル「AVIC-HRZ99G 」が¥325,500、 「AVIC- HRZ88G 」が¥304,500です。

プレスリリース

posted at 00:17 | TrackBack(0) | カーナビ
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。