2005年12月23日

2005年日本OEタイヤ顧客満足度(TCSI)調査

2005年日本OE(新車装着)タイヤ顧客満足度(Tire Customer Satisfaction Index、略称TCSI)の調査結果が、CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的調査機関であるJ.D.パワーアジア・パシフィックから発表されました。

調査結果は、
<コンパクトカー・セグメント>第1位ダンロップ、第2位ヨコハマ、第3位ブリジストン
<パッセンジャーカー(セダンやクーペなどの乗用車)・セグメント>第1位ミシュラン、第2位ダンロップ、第3位ブりジストン
<ミニバン・セグメント>第1位ヨコハマ、第2位ブりジストン、第3位グッドイヤー
となりました。

OEタイヤの総合的な満足度は「デザイン」、「品質/耐久性」、「乗り心地」、「ハンドリング」、「グリップ性能」、「燃費」の6つのファクターにおけるユーザー評価をもとに1,000ポイント満点でスコア化しています。

プレスリリース

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10960256

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。